MathArt ギャラリー4:分割から創られたMathArtの解説 

要旨:分割から創られたMathArtに秘められた幾何学的な面白さを平易に解説します。

題名:プログレッション 乱調

解説:数列に乱数を加え、しかも上下左右を違う配列にしたので、ハチャメチャとなった。しかも、色付けもそれに合わせた。しかし、美は乱調にあり、それなりに気に入っている。

題名:プログレッション 雅(みやび)

解説:数列にサイン関数を使ったもので、最も雅な感じがしたので、そのような色付けをしてみた。

次はイメージ動画です。

【Math Art ギャラリー】プログレッション 雅(みやび)

このデザインのタペストリーを次のWebページで購入することが出来ます。

Kenzo Nakamura|くろす専門

 

題名:始源

解説:ビッグバンの始まる瞬間をイメージした作品。拡大から縮小に転じた宇宙は、最後の刹那、全てのものが一点に集中し、無となる。無が満ちた刹那、ビッグバンが始まる。ホワイトホールの如きものなのかは分からないが、巨大な質量=エネルギー故の必然であろうと妄想してしまう。中央の静かでほの明るい表現が自分でも好きな作品である。

題名:サボテン

解説:米国アリゾナ州に2度、合計9ヶ月の長期出張の機会があった。最も暑い6月ではないが、8月でも47度と物凄い暑さ。その中でも10mを超えるサガローカクタスは屹立している。4月に花が咲くというが見ることはできなかった。暑さの中、元気に花を咲かせるサボテンをイメージした。

 技法的にはボロヌイ分割を使用した。

 

タイトルとURLをコピーしました