著書等の紹介コーナー

要旨:作者の出版書籍を紹介すると共に「Mathematicaで絵を描こう」と「MathematicaによるOR」のノートブックファイルがダウンロードできます。

Mathematicaで絵を描こう 改訂第2版

概要:1997年に東京電機大学出版局から出版した本書をVer.12対応に改訂。Kindleから出版しました。これに伴い、挿絵のカラー化、アニメーションの外部ファイルへの書き出し等を書き加えました。ここでは、1、8章ののプログラム(ノートブック)を下記からダウンロードできます。

  • 目次
  • 1章 グラフィクス・プリミティブ入門
  • 2章 いろいろな表現方法
  • 3章 いろいろな図形の作成
  • 4章 再帰的な図形
  • 5章 壁紙パターンの作成
  • 6章 七宝とモザイク
  • 7章 アニメーションと動画ファイルの作成
  • 8章 応用作品の作成

分冊用のノートブックをダウンロードできます。パスワードは、分冊にありますので、ご覧ください。なお、本冊用のダウンロードについては本冊に記載されています。

Notebooks for ch1 and ch8 (2 ダウンロード)

著者のMathアート作品をご覧下さい。

Kenzo Nakamura|くろす専門

幾何学で進化するキルトのデザイン

概要:パッチワーク ・キルトと幾何学の親和性の良さについてタイリングから始め、内部分割利用によるオリジナルデザインの作成について解説。パート4からは内部分割に加えて、階層性の利用することでデザインの範囲がさらに広がることを解説している。2019年にキンドルDP及び楽天Koboから出版。

  • 目次:
  • 1回 内部分割で進化する幾何学デザイン
  • 第2回 進化する幾何学キルトのデザイン
  • 第3回 多彩な多角形配列による幾何学キルトデザインへの応用
  • 第4回 正十二角形の階層構造
  • 第5回 多様性の正十二角形
  • 第6回 階層構造の秘密

 

MathematicaによるOR

概要:MathematicaでOR:オペレーションズ ・リサーチの各種技法を利用するための基礎理論と算定のプログラムを解説している。1995年にアジソンウェスレーパブリッシャーズジャパンから出版。絶版となったため2019年にキンドルDP及び楽天Koboから内容を見直すと共にMathematica Ver.12へ対応させ再出版。

  • 目次:
  • 1章 Mathematicaの導入と簡単な使用例
  • 2章 確率と統計
  • 3章 シミュレーション
  • 4章 需要予測
  • 5章 微分方程式モデル
  • 6章 在庫管理
  • 7章 待ち行列
  • 8章 線形計画法
  • 9章 動的計画法
  • 10章 ゲームの理論
  • 11章 意志決定論
  • 12章 算定結果の視覚化
MathematicaによるOR 配布用ノートブック (92 ダウンロード)

 

電子本を10言語で出版!

筆者は、自分の著書を、12言語で出版しました。この経験を実例として、この本を書いています。この本に書かれている内容ですが、貴方が日本語で書いた原稿をAI翻訳システムで最初に英語に訳し、さらに翻訳システム“DeepL”を使って、多言語に翻訳することについて書いています。

読んで頂きたい対象は、①自分の本を多言語で電子出版したい方、②母国語への出版時の校正を副業としたい方、③自分以外の本を多言語で電子出版する会社を作りたい方などです。

目次は次の通りです。

序章 言語とA I翻訳の現状

1章 Kindleで電子出版

2章 翻訳前の原稿の再構成と英語への翻訳

3章 多言語への翻訳・校正・確認

4章  Kindleでの販売戦略

5章 A I考察

タイトルとURLをコピーしました