【Art of 魔法同盟】魔法使いTips:強い奮起薬を強烈同等にするスキルの解説

概要:強烈な奮起薬を使いたいが、作成に時間がかかり、多くは使えない。強い奮起薬を強化する新スキルでどのくらい強化できるかを確認し、強烈な奮起薬とほぼ同等にすることができたので、その実現方法を解説する。

強い奮起薬を強化すると強烈同等にすることができるかの確認

魔法薬の効果を高めるスキルのは、魔法薬調合の能力①効果の上昇②持続時間の増加の2種類がある。奮起薬について言えば、①効果の上昇は、ファウンダブルの獲得確率を上げることやチャレンジ/風変わりで敵を倒すためのパワーの倍率を上昇させることを意味する。②持続時間の増加は、使用回数を増加させることである。

上の図はマクゴナガル先生(緊急事態)を獲得するために左から未使用、強い奮起薬使用、強烈な奮起薬使用の場合の効果を示したものである。強い奮起薬と強烈な奮起薬の効果がほど同じであることが分かる。

もちろん、強い奮起薬については上手の通り、新スキルで効果を上昇させている。また、強烈な奮起薬は効果の上昇はない。なお、チャレンジ/風変わりで敵を倒すためのパワーの倍率については、強い奮起薬でパワーは2.25倍、強烈な奮起薬でパワーは3.25倍であり、強い奮起薬の効果上昇18%が、どのように影響するかが分からないが、効果は限定的になるものと思われる。

使用回数については、強い奮起薬は4回であるが、1回増加させて5回になっている。つまり、強烈な奮起薬と同等である。

強い奮起薬を強烈同等にすることによる効果と利点

強い奮起薬を強烈同等にすることによる効果は、緊急事態・深刻のファウンダブルに軽位に強い奮起薬を使用して、獲得できるようになることである。

私の場合、ファウンダブルの出現が頻繁になるイベントの時は、事前に強い奮起薬を30本ほど作成しておいて、イベント期間中、ほぼ常時、強い奮起薬を使える状態にしておき、緊急事態・深刻のファウンダブルを獲得している。強い奮起薬は作成がしやすく、ディリータスク等でも集まるので、イベント期間中を通じて使用し続けることができる。

また、スキルツリーを見ると分かるが、強い奮起薬を強化するために必要なキーアイテムは思ったよりも少ない。強烈な奮起薬を強化するためには、莫大なキーアイテム:DADA本、禁書が必要である点が大きく異なる。なお、普通の奮起薬は元々があまりに非力で効果を高めても、使い物にならないのはご存知の通りであろう。

強い奮起薬を強化するスキルツリー

強い奮起薬効果の上昇のためのスキルツリー

下の図は、クリックすると拡大して全体をみることできます。

左図は必須訓練1レベル8の黄色でマークしている箇所で、効果を+3+3の合計+6%できる。次は必須訓練2レベル28の黄色でマークしている箇所で、効果+3を4回、合計+12%できます。ここまでは、DADA本や禁書は必要ありません。最後は必須訓練2レベル17の黄色でマークしている箇所で、効果+3+4、合計+7%できます。これで総計25%の効果上昇が可能です。右図はレベル17のスキルを開いたもので、DADA本20冊が必要であることが分かります。

左二箇所の+18%までで十分に緊急事態に対応可能(グレートであれば、ほぼ確実に獲得できる)なので、DADA本を費やすかは、確かめてみてからをお勧めします。

強い奮起薬持続時間の増加のためのスキルツリー

図は必須訓練1レベル20で黄色でマークしている箇所で、使用回数が1回追加できる。これについても、DADA本や禁書は必要ありません。

まとめ

強い奮起薬を強烈同等にするアイデアは如何であろうか?私としては、ファウンダブルの獲得には十分な効果があると考えています。つまり、緊急事態・深刻のファウンダブルを獲得できる。そして、これにより、フィールドガイドと魔法省マニュアルを獲得できるので、さらに新スキルを獲得でき、活用しています。

タイトルとURLをコピーしました